秋入学のメリットとデメリットは?受験や就職への影響も考察!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大学の卒業式

ここの所、頭から離れないことがあります。

それは少し前から議論が高まってきた「秋(9月)入学」のこと。気が付くとなぜか頭の中でシミュレーションしてたりします。

個人的にはそれほど影響がないところではありますが、この際、頭の中で思い描いていたことを文字にすることにしました。

これで今晩からぐっすり眠れそうです。

この記事でお伝えすること
  • 秋入学のメリットとデメリット
  • 受験・就職の時に考えられる影響

秋(9月)入学のメリットとデメリット

春は出会いと別れの季節ー。

多くの人がそのイメージを強く持っています。

それを上書きするには少し時間がかかりそうですがメリットもあるんです!

今回は教育社会学が専門の日本大学の広田照幸教授のご見解に、稚拙ながら私の考えも加えさせてもらいました。

メリット

広田教授のご見解
  1. 学力保障
  2. 国際基準に近づく

メリット1.学力保障

9月からスタートすることで改めて最初から学ぶことができ遅れを補うことができる

メリット2.国際基準に近づく

国際的には秋入学制度の学校が多いのでそれに合わせることで海外の学校への接続がしやすく留学などのグローバルな学びが充実できる

 

日本人には当たり前の4月入学ですが今のグローバル化を考えれば秋入学の制度も議論すべき時期にさしかかっていることは間違いなさそうです。

 

デメリット

広田教授のご見解
  1. 入試
  2. 課程の負担増、採用時期の見直し
  3. 幼児教育との接続
  4. 切れ目のない教育
  5. 学校の経営

デメリット1.入試

7月や8月といった夏の時期に入試が行われることとなるためその対応が必要となる

今、受験の準備を進めている生徒や保護者、学校などに混乱が生じる可能性がある

デメリット2.家庭の負担増、採用時期の見直し

学生は社会人になるのが半年先になるため家庭での扶養期間が長くなる

企業も一括で行われる春の採用制度の見直しが必要となる

デメリット3.幼児教育との接続

幼稚園の入園・卒園もずらすのか

学習指導要領で定められた幼稚園教育の内容を幼児期の発達や年齢に応じて見直すことができるか

保育園は9月入園までの半年分、子供を預かる体制や予算の確保が求められる

デメリット4.切れ目のない教育

今の教育制度は幼稚園から大学まで切れ目のない仕組みとなっている

それが維持できるかどうか

デメリット5.学校の経営

私立の場合、経営の軸となる授業料の支払いが後ろ倒しになるので経営が危うくなる学校もあるのでは

国公立・私立ともに学校への補償が必要となる

 

項目だけで見るとデメリットのほうが多いように感じますね。

執筆者の稚拙な考察

ここまで見てきて私が思ったこと。

デメリットはほとんど過渡期に起こりそうなこと。そこを乗り越えたらこれといってデメリットはないのかも、と。

ただ過渡期だけならしょうがないことは断じてありません。

誰しも一生に一度しかない「その時」を過ごしていますから。

入試の時期

入試の時期については段階的にスライドさせるくらいの柔軟性があってもいいかなと。

高校入試の場合、公立高校はだいたい3月に入試でしたからまずは春休み期間中である4月に行い、その後必要であればさらにスライドさせていけばいいかな、と考えています。

生徒は早めに志望校を決めなくてはいけませんが、そこも柔軟性を持って他の学校も受験したい場合は夏休み期間もあるよ、と希望者は2度受験できるようにするとか。

大学受験も同様、少しずつスライドさせるのがいいかな、と。とにかく早く結論を出すことが何よりですね。

暖かい季節の受験は冬に比べて

  1. 体調管理がしやすい
  2. 荒天による公共交通機関の乱れが少ない

という大きなメリットがあります。

家庭の負担増、採用時期の見直し

これは頭が痛い問題ですね。

各ご家庭の事情がありますから「半年くらいなんとかなるっしょ!」とはいきません。

できたら企業と行政の痛み分けにしてもらいたい。ただ、そのせいで企業側の採用枠が少なくなってしまわないか?やはり国の補償が必要となりそうです。

例えば早めに雇用したら減税の措置とか。

企業側も研修期間を長めにすることでより適性を見極めることが可能になったり…しませんか?

学校の経営

これも各ご家庭の事情がありますから「早く払ってね」というわけにはいきません!

いくらかでも早く納めたら割引、というのもひとつ。

いずれにせよ金融機関との連携が必要となりそうです。ここも政治の力が必要です。

 

ここで世界各国の入学月をざっと見ておきましょう。

〈世界各国の入学の時期〉

入学月 国名
1月 シンガポール
1月末~2月初め オーストラリア
ニュージーランド
2月 ブラジル
3月 韓国
ペルー
4月 パナマ
5月 タイ
6月 フィリピン
8月 フィンランド
9月 アメリカ
カナダ
イギリス
フランス
ベルギー
ブルガリア
トルコ
モンゴル
ロシア
台湾
中国
10月 ナイジェリア
カンボジア

私が思っていたほど9月はスタンダードではありませんでした^^;

とは言えやはり多くの国で9月から始まりますね。留学しやすいなんてこともありますが、優秀な講師を招くにしても始まりは同じくらいの時期が良さそうです。

 

受験や就職への影響を考察

デメリットのところで受験や就職についても言及されてましたね。

入試については前述の通りまずは春休み期間中に実施し、その後段階的にスライドさせるのがいいかなと思っていて、だとしたらあとは就職についてです。

就職は日本では春と決まっています。それも4月1日です。

なぜか?それは「新卒一括採用」があるから。

ここで大きな障壁となりうる「新卒一括採用」について見てみましょう。

新卒一括採用は日本の独特の制度で世界中どこを見てもこのようなシステムを持つ国はなく、メリットもデメリットももちろんあります。

この新卒一括採用が見直されれば卒業が何月であっても問題なく就活がでると考えます。

〈新卒一括採用のメリットとデメリット〉

     メリット    デメリット
 企業 ・より多くの人材の囲い込みが可能
・人事管理がしやすい
・採用と教育のコスト削減
・企業への忠誠心が培われる
・転職市場が冷え込みスキルを持った優秀な人材を採用しにくい
・採用担当者の仕事が1時期に集中する
 学生 ・一生に1度の新卒カードで希望すれば大企業にも入りやすい
・全くの未経験であっても採用されやすい
・新卒者の失業率を低く抑えられる
・就職に有利な年とそうでない年がある
・失敗すると次の就職が困難
・短期間で多くの面接や試験を受けなければならない

既に2021年春まででこの制度は終わりと経団連と大学側で合意してますから、それがスケジュール通りなのか前倒しになるのか、といったところでしょう。

実際、通年採用(年間を通して新卒・中途を問わずに採用活動すること)を取り入れてる企業もどんどん増えています。

たとえば

  • ファーストリテイリング
  • 楽天
  • ソフトバンク
  • リクルート
  • メルカリ

などなど。だれもが知っているような名前がずらり。

新卒一括採用が悪いことばかりではありませんが時代の流れにはそぐわないのかな、という感じですね。

 

まとめ

秋入学のメリットとデメリットを社会教育学が専門の広田教授のご見解を基に、またそれによる受験や就職への影響についてもお伝えいたしました。

内容をまとめると

  • 秋入学のメリットとして
    • 学力保障
    • 国際基準に近づく
  • デメリットは
    • 入試
    • 家庭の負担増、採用時期の見直し
    • 幼児教育との接続
    • 切れ目のない教育
    • 学校の経営
  • 受験への影響
    • 入試の時期はひとまず春休み期間中でもよいのではないか
  • 就職への影響
    • 新卒一括採用の見直し
    • 通年採用の導入

 

まだまだ先が見えないコロナ禍。

ある識者は

「ウイルスが大流行したあと、世界は変わる」

と話していました。

新型コロナウイルスが終息したあともきっと前よりも素晴らしい世の中になるんだなぁ。

だからもう少し、頑張ろうって思えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。