猫に手作りごはんはあり?メリットとデメリット・注意点まとめ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お肉を調理しているところ

ついには飼育数で猫が犬を上回り、日本国民は本当に猫好きとなりつつある昨今、「ごはんも手作りしたい」という方が増えてきているようです。

理由としてただ「喜んでもらいたい」というだけではなく、アレルギーを持った愛猫の健康面を考慮して、という方もおられるよう。

実際、うちの猫もキャットフードをあまり食べてくれないのでとても悩んで手作りを検討したこともあります。

しかし、調べれば調べるほど手作りごはんを上げることの難しさを思い知らされることに。

そんな経験も踏まえつつ今回は猫に手作りごはんはありか、という観点からまとめます。

この記事でお伝えすること

  • 猫の手作りごはんはあり?
  • 手作りごはんのメリットとデメリット
  • 手作りごはんの注意点

猫に上げるごはんについてはこちらもご一読ください。

猫にあげるご飯やおやつの適量は?1日の回数と種類やあげ方を調査!

猫に手作りごはんは「なし」ではないが…

スーパーの野菜売り場

結論から言うと難しいです。

調べれば調べるほど市販のキャットフードの素晴らしさを感じます。

市販のキャットフードの安全性

キャットフードに関してはまことしやかに様々な噂が飛び交っていますが、2009年6月に施行された「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」によって次のことが定められています。

  • ペット(犬と猫が対象)の健康に悪影響を及ぼすペットフードの製造・輸入・販売の禁止
  • 消費者に対して適切かつ十分な情報を提供する目的として製造業者名や賞味期限(原材料も)などの表示の義務
  • 問題が起こったフードに対しては国が業者に回収や廃棄を命令できる

また含有量の基準についても厳しく設定されており、どの物質も一生摂取し続けても健康上問題がない量になっています。

そもそも安全と云われる物質であっても摂取できる量には限りがあり、どんな食品だって毒になり得ます。

問題は安全性の意味を取り違えてしまうこと。

「添加物が入っているから危険」なのではなく、「許容できる範囲で必要に応じて入っているかどうか」です。

それに製造方法についても厳しく規制があります。

  • 有害な物質を含んでいる、病原微生物に汚染されている、またはその疑いがある原材料の使用禁止
  • 販売用ペットフードを加熱・乾燥させるにあたり、微生物を除去するのに十分な効力がある方法で行うこと
  • プロピレングリコールのキャットフードでの使用禁止

プロピレングリコールは私たちの身近にある物によく使われています。

例えば

  • 化粧品
  • 歯磨き粉
  • シャンプー
  • 保冷剤 など

食品では防腐剤や保湿剤として

  • おにぎり
  • 麺類
  • 餃子などの皮
  • 魚の燻製 など

毒性について疑問視する声もありますが、薄めて使う分には問題ないとされている物質です。

このように人間は少量であれば摂取しても健康上の被害はありませんが、猫にとっては毒性が強く貧血になってしまうため法律で禁じられています。

これらのことから日本国内に流通しているペットフードで健康を害するということは基本ないと考えられます。

市販のキャットフードの栄養価

環境省のホームページ「飼い主のためのペットフード・ガイドライン」によると市販のペットフードの「総合栄養食」と新鮮なお水を上げると犬・猫の健康が維持できるよう栄養バランスが整えられている、と明記されています。

また、猫は肉食で人や犬に比べて多くのタンパク質を必要としていること、そしてタウリンを体内で十分に合成することができないため毎日の食餌で補うことが大切とも書かれています。

その他にも塩分や糖分・与えてはいけないもの・注意が必要なものについても記載されています。

手作りごはんについても考察

今回、また改めて手作りごはんについて調べたことで「なしじゃないけどほどほどに」という結論に至りました。

前述の通り、「人間が食べているものなら大丈夫」でもなければ「栄養があるから上げる」でもいけません。

十分に知識を持って慎重に食材を選び、適切に調理して適量をたまに上げるのであれば問題ないかな、と思います。

実際、猫用の手作りごはんレシピもたくさん出回っているのでレパートリーもそれなりにありそうです。

ただし、人間もそうであるように猫にも個体差があります。

ネットにあったから、獣医さんが監修してるから、だから「うちの子も大丈夫」では決してありません。

まずは少量をいつものごはんに混ぜて上げてみるとか、おやつの代わりに少し舐めさせてみる、とかから始めてみるのがいいかも知れません。

まぁ、その前に獣医さんに相談されるのが一番かな、と思いますが。

それに手作りごはんをよく食べてくれるからと毎日上げてしまうのも考えもの。

やはり主食はキャットフードの「総合栄養食」にして、例えば週に1食だけとかごほうび用にとか、限定的に上げるほうが健康上安心です。

 

手作りごはんのメリットとデメリット

洗う前のフライパン

愛猫に手作りのごはんを上げるには十分な知識が必要という話をしました。

上げ方にも工夫が必要だし簡単ではないということがわかりました。

それでも苦労した分だけメリットはあるもの。デメリットと併せてお伝えします。

メリット

  • 手間ひまかけて作ったごはんを愛猫が食べてくれることで一層愛情が深まる
  • 何をどのくらい食べたか把握しやすい
  • 体調に合わせたごはんを上げやすい
  • 水分をたくさん摂取しやすい

一生懸命手作りしたものをパクっと食べてくれたらそりゃ嬉しいですよね。考えただけでニヤけます(笑)。

もし食べてくれなかった時のショックは大きいかも知れないけど、そこは考えない(というか考えたくない)。

それに何を食べて体調にどう変化があったかなどを記録しておくことで、愛猫の不調時に対応できる可能性もあります。ただしその前に獣医さんに聞いておいたらなお安心。

それに猫はもともと砂漠で生息していたことから水分不足になりやすく、腎臓に負担がかかりやすいので水分不足解消にもいいですね。

デメリット

  • 栄養が偏りやすい
  • 場合によっては危険も
  • 忙しいとなかなかできない
  • お金がかかる

栄養面に関しては上げる頻度を減らすことで問題は解消できますが、知識不足から愛猫の健康に害を及ぼす危険は否めません。

必ずしっかり調べて、また愛猫のアレルギーもしっかり把握したうえで作ってあげましょう。

時間とお金のことは初めからわかっていることなのでここでは言及しません。

 

手作りごはんの注意点

本を熱心に読む女性

ここまで読み進めて下さった方はもう注意点も十分に承知していると思います。

けどとても大切なことなので改めてまとめておきます。

  • 環境省のホームページなどを参考に十分な知識を蓄えてから手作りする
  • 決して主食にはしない
  • 与えてはいけない食べ物は厳守
  • まずは少量から
  • 不安なことは獣医さんに相談
  • 作ったものを保存する際は適切に

とにかく猫には個体差があります。ネットの情報をそのまま鵜呑みにするのではなく、不安を感じたら獣医さんなど専門的な知識があって信頼できる方に相談しましょう。

あなたの作ったごはんで大切な愛猫とのコミュニケーションがより深まるきっかけとなることをお祈りしています。

 

まとめ

今回は猫の手作りごはんについてまとめました。

冒頭でもお伝えしましたが、うちの子はあまりごはんを食べてくれなかったので苦労しました。

その時に手作りも検討したものの実行に移さなかったのは、どうしても不安を拭いきれなかったから。

他の子が大丈夫だからってうちの子に上げていいのかな、なんていう考えが頭の片隅にずっとあったんです。

それにうちの子、意外と(?)たくましくてよく鳥なんかを捕まえて食べてたので。

もともと野良だったせいか、また一緒にいたオス猫よりも運動神経が良かったのか、2階の窓からでも外に出ていっては鳥を捕まえてました。

完全室内飼いは夢となり消え去りましたね汗。

まぁそれはいいとして、これから手作りしようって思っている方もあまり安易に考えずに実行していただけたら、と思います。

何と言っても愛猫の命に関わることですから。

猫にあげるご飯やおやつの適量は?1日の回数と種類やあげ方を調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。