川畑和愛(かわばたともえ)の出身地や出身中学は?所属クラブやコーチ・演技画像も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フィギュアスケート世界ジュニア選手権2019に出場が決まっている川畑和愛選手。

あの紀平梨花と同じく『フラワーガール』を経験していてその頃からフィギュアスケートで美しい演技をしたい、と思っていたそうです。

そんな彼女を応援しつつ(世界ジュニア頑張って!)今回は川畑和愛選手について

  • 出身地や出身中学
  • 所属クラブやコーチ
  • 演技画像

を調べました。

川畑和愛の出身地はフィギュアのエリート揃い!出身中学は名門・麹町中学校

川畑和愛選手は多くのフィギュアスケーターが生まれ育った愛知県の名古屋市や豊田市と隣接する日進市の出身です。

市内にスケートリンクがあって幼い頃からスケートに慣れ親しんでいるのかと思いましたが、探してみてもスケートリンクはありませんでした。

隣接する他のまちのスケートリンクまで通っていたのかも知れません。

なお、日進市出身の有名人は

  • 服部道子(プロゴルファー)
  • 小川翔(WBCムエタイ日本ライト級王者)
  • 野依良治(ノーベル化学賞受賞・日進市名誉市民)

といった方々がいらっしゃいます。

そして気になる出身中学ですがたった今出身地を愛知県日進市としておきながら、ですが

千代田区立麹町中学校

ということがわかってしまいました。

生れたのは日進市で幼い頃に東京に引っ越したのか?など考えられますが、とあるインタビュー動画で「川畑和愛 東京都出身」の字幕!

ということでやや混乱しております。

更に詳細を知りたいと思い、調べてみたもののこれ以上の情報はなくどのような経緯があったのかは謎(?)のままです。

ちなみに麹町中学校は1950~60年代には東大合格者全国一位だった都立日比谷高校に進学する人が多かったため名門中学と言われていたそうです。

それだけに卒業生にもビッグネームが続々。

  • 加藤紘一(元内閣官房長官)
  • 岸田文雄(自民党政調会長)
  • 保坂展人(元衆議院議員・現世田谷区長)
  • 松原亘子(元厚生労働事務次官・女性初)
  • 石原邦夫(元東京海上ホールディングス会長)
  • 小和田哲男(静岡大学名誉教授・歴史学者)
  • 亀渕昭信(日本民間放送連盟顧問)
  • 角野卓造(俳優)
  • 貫地谷しほり(女優)
  • 2代目中村七之助(歌舞伎俳優)

などなど。

さすが名門!

川畑和愛選手についてその他のプロフィールを。

  • 生年月日:2002年1月12日(2019年の誕生日を迎えると17歳)
  • 身長:157cm
  • 趣味:和菓子(食べることか作ることかは言及していません)・散歩・バレエ鑑賞
  • ベストスコア:トータル173.84
  • 憧れの選手:カロリーナ・コストナー(イタリア)、パトリック・チャン(カナダ)

憧れの選手であるカロリーナ・コストナーとパトリック・チャンは二人ともスケーティングには定評がある選手。

川畑選手も巧みでスピード感や伸びやかさがあるスケーティングを目指しているのかも知れませんね。

 

川畑和愛の所属クラブやコーチと演技画像

 

川畑選手の現在の所属は『N高東京』となっています。

特にどこかのクラブに所属していないためそのような表記になるのかなと思います。

N高とは

もうすっかり有名になりましたがN高とは沖縄県うるま市にある通信制の高校。N高東京はその分校にあたります。

音楽プロデューサーや教育者などの肩書きを持つ志倉千代丸(しくらちよまる)氏が構想、後に校長となった奥平博一氏など3人が中心となり高校設立プロジェクト開始。

その頃に経営統合を進めていたKADOKAWAとドワンゴ双方の強みを生かした『ネットの高校』設立という運びになりました。そして2016年4月開校。
従来、通信制高校は全日制高校に通えない人が行く、とのイメージが社会全体にありますがそれを払拭して「積極的な選択肢となる通信制高校」を目指しています。

授業やレポートの提出などは全てネット上で行われますが通学コースもあります。なお、通学する時の服装は制服・私服どちらでもOKだそうです。

また、分校は東京の他に

  • 大阪
  • 横浜
  • 大宮
  • 千葉
  • 名古屋
  • 福岡

にもあります。

N高卒業生によると「学びたかったことが学べて本当に良かった」と語っています。

基本、自宅で授業を受けていたそうですがスクーリングが1度ありその時は沖縄の本校まで行き、まるで修学旅行のようだったとか。そこで普段は会うことがない同級生とも親交を深められたといいます。

ただ、全日制の学校と違って時間があるためその時間をどう使うのかは自分次第。本当にやりたいことがあるかどうかなどで大きく変わる可能性もあるとのことです。

つまり、川畑選手のように明確な目標がある人にとってはうってつけの学校と言えるのかも知れません。女子フィギュアでは紀平梨花選手もN高でしかも同級生です。まさに積極的に選択した結果N高がベター(またはベスト)だったということなんですね。

 

また、川畑選手は特にどこかのクラブに所属していなくても、当然トレーニングはコーチの下で行っています。

川畑和愛選手のコーチは都築章一郎・奈加子親子です。

https://twitter.com/6_ihu/status/1081443174373941250

主に川畑選手が練習拠点としている横浜銀行アイスアリーナでインストラクターを務めています。

ちなみに都築章一郎コーチは1959‐60年シーズンの全日本ジュニア選手権で優勝、1963年に引退しその後コーチになりました。

都築章一郎コーチの教え子で最も有名なのが現在解説者としても活躍中の佐野稔さんではないでしょうか。

佐野稔さんは1972年~1976年まで全日本選手権で5連覇という輝かしい戦績をお持ちです。世界選手権で日本人初のメダルを獲得したのも佐野稔さんでした。

 

一方、都築奈加子コーチは現役時代アイスダンスの選手として活躍しました。

全日本選手権ではなんと6回優勝しています。

そして2006年に引退、現在はコーチの他にアイスダンス国内大会の技術審判員も務めています。

 

ではいよいよ川畑和愛選手の演技画像です。

https://twitter.com/y_skatekaori/status/1083892809394839553

ほんとに手足が長いですね。所作が美しいって写真で伝わります。そして筋肉が立派!

 

https://twitter.com/crictor55/status/1083746491775123463

写真だけでも伝わると思いましたがどうせなら動く川畑選手も見れた方がいいかな、と。

丁寧なステップとどことなく気品のある動きが印象的です。

 

まとめ

今回はフィギュアスケート世界ジュニア選手権出場が決まっている川畑和愛選手についていろいろ調べました。

わかったことは

  • 出身地が愛知県日進市か東京都かビミョー
  • 出場中学は有名人を多く輩出している麹町中学校
  • 憧れはカロリーナ・コストナーとパトリック・チャン
  • 現在はN校東京所属
  • 練習拠点は横浜銀行アイスアリーナ
  • コーチは都築章一郎・奈加子親子

など。

今回感じたのは選手について調べれば調べるほど世界ジュニア選手権が楽しみになるってことですね。

そしてどの選手も一生懸命でひたむきで……。やっぱり私にとってアスリートはリスペクトの対象です。

 

世界ジュニアについてまとめました。よかったら読んでみてください。

【フィギュアスケート世界ジュニア選手権2019】開催地と日程まとめ!注目選手と優勝者予想も!

【フィギュアスケート世界ジュニア選手権2019】地上波放送はある?見逃し配信を無料で視聴する方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。