西田有志の出身校や家族は?使用シューズと最高到達点・過去の実績も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もうじきワールドカップバレーボール2019ですね!

そこで活躍が期待される選手の1人が西田有志選手。

春高バレーに出場することはできませんでしたが、それでもナショナルチームに入っちゃう凄さ。

今回はそんな西田有志選手の

  • 出身校や家族
  • 使用シューズと最高到達点、過去の実績

をお伝えいたします。

西田選手も出場するかも!日程をチェックしておきましょう!
東京オリンピック種目別スケジュールを全競技一覧で紹介!メダル候補・注目選手まとめ!

西田有志の気になる出身校と家族!

まずは簡単にプロフィールを!

  • 名前:西田有志(にしだゆうじ)
  • 生年月日:2000年1月30日(2019年7月現在19歳)
  • 出身地:三重県員弁郡大安町(現在のいなべ市)
  • 身長/体重:187cm/80kg
  • 血液型:O型
  • 所属:ジェイテクトSTINGS
  • ポジション:オポジット
  • 利き手:左
  • バレーボールを始めた年齢:5歳(お姉さんとお兄さんがやっていたので)
  • モチベーションを上げる方法:音楽を聞く
  • 試合前にすること:十分なストレッチ
  • 趣味:映画鑑賞・ショッピング
  • 好きな食べ物/飲み物:お肉/100%ジュース
  • 自分の性格は?:寂しがりや
  • 座右の銘:ポジティブ

https://twitter.com/volleyball1301/status/1114765641699868672

19歳と若いながらチームでは既に中心的な役割を果たしています。

ちなみにTwitterで見つけたのがこちら!

みなさん、くれぐれもお気をつけください。

出身校は地元のあの学校

西田選手は

  • いなべ市立大安中学校
  • 私立海星高校

を卒業しています。

〈いなべ市立大安中学校〉

大安中学校は

  • 全校生徒430名(2018年度)
  • 三学期制
  • 教職員数31名

という学校です。

西田選手が所属していたバレーボール部の他に運動部では

  • 野球部
  • 男子サッカー部
  • バスケットボール部
  • テニス部
  • 陸上部
  • ソフトボール部
  • 剣道部ハンドボール部

などがありますが特に柔道部は男子90kg級や60kg級、団体戦などで全国大会に出場経験があり盛んなようです。

口コミを見ると

  • 校則はそれほど厳しくない
  • 先生方は楽しい授業をしてくれて良かった
  • 吹奏楽部が急激に成長した
  • 図書室がきれい
  • 心技体の精神を教わった
  • アクセスが良くて通学しやすい

といったようにわりと満足度の高い評価が多かったです。

ちなみにその口コミによるとバレーボール部は県大会に出場できるくらいのレベルだったとのこと。

〈私立海星高校〉

実はバレーボールの強豪校である愛知県の星城高校などからも誘いがあったにも関わらず「地元の学校へ行きたい」と選んだのが海星高校。三重県で唯一の男子校です。

『海星』とは聖母マリアの別名で海星高校はキリスト教系の学校です。

部活動では野球部が通算11回甲子園に出場しており、サッカー部もインターハイに出場と運動部には力を入れている様子。他に

  • テニス部
  • フェンシング部
  • 陸上部
  • アーチェリー部

も全国大会に出場しています。

ここでお気付きのようにバレーボール部はまだ出てきていません。

そうなんです!春高バレーには結局一回も出場していません。三重県では松阪工業高校が強くて勝ち進むことができなかったんですね。

ただこの海星高校、卒業生にはスポーツ選手が多いんです。

  • 服部尚貴(レーシングドライバー)
  • 松本卓也(元プロ野球選手)
  • 北野勝則(元プロ野球選手)
  • 広田庄司(元プロ野球選手)
  • 岡本篤志(元プロ野球選手)
  • 高木勇人(プロ野球選手)
  • 小島庸平(モトクロスライダー)
  • 田中哲司(俳優)

など。特にプロ野球選手が多いですね。

バレーボールを始めるきっかけをつくってくれた家族は?

プロフィールでもお伝えしたように西田選手は「5歳の時にお姉さんとお兄さんの影響」でバレーボールを始めました。

この言葉を聞くと『お姉さん』が先にくるから一番上がお姉さんで次がお兄さんと推測できますね。

しかもインタビューの中で「少し歳の離れた姉と兄」がいて、そのお二方がバレーをやっていたので「赤ちゃんの頃からバレーの会場に行っていました」とも話していますね。

そんなこともあって幼くしてVリーグや全日本、オリンピックが「自然と」目標になっていったそうなんです。

ご家族の影響は大きいですね。

さて、ここまでで家族については

  • 姉弟は姉―兄―西田選手のおそらく3人
  • 家族についてそれ以外の言及は見当たらないもののこれまでの活躍ぶりや言葉の端々から推測すると協力・応援してくれるご両親がいる

と、一部私の推測も交えて結論づけることとします。

西田選手使用シューズはアシックス!

今後の活躍も大いに期待される西田選手が履いているシューズも気になるところですよね。

まず最近のバレーボールシューズ事情はどうなってるのかな、と思って調べてみました。

バレーボールシューズにはローカットとミドルカットがあります。

〈ローカットの特徴〉

  • 軽い
  • 足首が固定されず動きやすい

〈ミドルカットの特徴〉

  • 足首を固定させ捻挫を防ぐ
  • フィット感と安定性がある

といった特徴があるので履いたときの感じだけではなくポジションや足首の柔らかさなども考慮して選ぶのが良いとされています。

最近はバレーボールシューズといえば『アシックス』『ミズノ』が多いそうです。

西田選手が実際に履いているシューズを画像から探してみると…

さて西田選手が使用しているシューズですが動画や画像をあれこれ見たところ、どうやらアシックスを履いていることが多いということがわかりました。

私が注目したのはこの足元。

 

ラインの入り方からアシックスを見ていたところそれらしきものがありました!

そしてもう一足、こちらの画像で西田選手が履いていると思われるシューズを見つけました!他の画像を見てもミドルカットのシューズを履いているのでポジションからしても安定感のあるミドルカットを選んでいると考えられますね。

 

西田有志の最高到達点や過去の実績一覧!

 

さて、冒頭のプロフィールでもお伝えした通り西田選手は身長187cmとバレーボール選手としては小柄な方です。

それなのになぜあれだけ得点できるのか?

センスもいいんでしょうし練習量だって他の選手より多いのかも知れません。

けれどもやっぱり西田選手の最高到達点を無視してこの手の話は成立しませんよね。

驚異の

350cm!

身長もまだ伸びそうですしこれから先、ジャンプももっと高く跳べそうです!これからも西田選手から目が離せません。

なお、日本人で最も高いのは日本代表の福澤達哉選手(身長189cm)の355cm、世界に目を向けると既に引退した選手でキューバのレオネル・マーシャル元選手(身長196cm)が世界最高記録保持者と言われています。その記録は383cm!驚愕です。

過去の実績はコチラ!

開催年月 大会名 結果
2016.8(高2) 日・韓・中ジュニア交流協議会 3戦2勝
2016.9(高2) 全国ヤングクラブ優勝大会 優勝(日本ヤングクラブバレーボール連盟賞受賞)
2017.3(高2) アジアユース男子選手権大会(U-19) 優勝
2017.7~8(高3) 高校総体 ベスト16
2018.5~8 ネイションズリーグ 予選12位

チームプレーですからこの結果だけを見てどうとかはありませんが、春高バレーに出場していたらなんてことは少しよぎりますね。

 

まとめ

今回はバレーボール選手として活躍めざましい西田有志選手についてあれこれお伝えしました。

わかったことは

  • 2000年1月生まれの19歳
  • 身長187cmとバレーボール選手としては小柄
  • 出身は三重県いなべ市
  • 出身校は市立大安中学校/私立海星高校
  • ポジションはオポジット
  • 所属はジェイテクトSTINGS
  • バレーボールを始めたのは姉や兄の影響で5歳から
  • 使用しているシューズはアシックス製のミドルカットが多いよう
  • 最高到達点は344cm!
  • アジアユースで優勝経験あり

などです。

2020年のオリンピックでは開催国枠で日本の出場はすでに決まっています。

選手の皆さんはそこでただ代表を目指すだけではなく、開催国として恥ずかしくないようなプレーをするために日々練習を重ねています。

今私が望むのはケガには十分気を付けてほしいということ、2020に向けて悔いのない日々を過ごしてほしいということです。

ほとんど母の気分です(笑)。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。