オンライン結婚式の評判や口コミとメリット・デメリットまとめ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
結婚式の飾りつけを施したステップ

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世の中いろいろ変わってきましたね。

人との接触を避けるため、オンライン上でできることは何でもやってしまおうという動きが広まっています。会議はもとより飲み会や診療、帰省も。

「オンラインでこんなにいろんなことができちゃうんだ!」って感じた方も多いのでは?

ちなみに個人的には「帰省」は少ーし違うかなって気はしてますが^^;

それでも、距離はあるのにお互い顔を見ながら話せるっていうのはオンラインの強みですよね。

結婚式もオンラインでできるようになりました。

つい数ヶ月前までは考えもしなかったことが現実になっていくことのスゴさを実感しています。

この記事でお伝えすること
  • オンライン結婚式の評判や口コミ
  • メリットとデメリット

オンライン結婚式の評判や口コミ

結婚指輪

新たな結婚式の形として定着しそうな感があるオンライン結婚式。

世間の評判をリサーチしてみたところ、肯定的な意見が多いように感じました。

https://twitter.com/DAISY_1112_/status/1278926317933584384

確かに一般的な結婚式(披露宴)はお金も時間もエネルギーも相当使います。

二人に明確な理想像がないとモチベーションが続かないかも。

https://twitter.com/fujiboy0730/status/1269631154153353218

バンビーノ藤田さんは既に経験済みです。

楽しさや感動の様子が写真から伝わってきますね。

こちらは実際に参列された方の生の声。

200人は結構な人数!気になるのもわかる気がします。

オンラインの1番いいところかもしれませんね。

体力的・物理的な問題から挙式・披露宴に出席できない方でもオンラインなら無理なく参列できます。

こういう意見もあってしかるべき。

やっぱりひとつの会場に集まってもらってみんなで同じ時間を共有できるのはいいもんです。

合理的に考えたらオンライン最高!ってなりそう(^-^;

それもわかりますね。

ちょっとしたタイムラグがあったり、画面を通してだと伝わりにくいことがあったり。

画面の向こうは別の世界っていう感覚になってしまいそう。

https://twitter.com/huwapetchannel/status/1276091077733134337

ブライダル業界の方はほんとよく考えられましたね。

遠方にお住まいの親戚や友人を招待するときにはあまり気兼ねしなくて済みそうです。

オンラインでは気づけないことも感じられないこともあるでしょう。

 

ここまで見てきたところで

  • 肯定派は合理性を重視して
  • 否定派はリアルで集うことの重要性を鑑みて

というのが私の印象です。どちらにも共感できますねぇ。

実際にアンケートが実施されていました。

「なし」が多くて少し驚いています。

ツイートでは肯定派が多いように思ったので。共感したからツイート、っていうことなんですね。

 

オンライン結婚式のメリット・デメリット

女性がスマホに向かって何か話しかけている様子

いろんな方のツイートからメリット・デメリットもほとんど出たかな、という感じですが改めてまとめてみたいと思います。

 

オンライン結婚式のメリットまとめ

  • コロナ禍でもリスクを下げた挙式が可能
  • 費用が安い
  • 遠方に住んでいても参列しやすい
  • 参列者のスケジュールが合わせやすい
  • ムリなく参列してもらえる
  • 時間が短くて済む

何といっても一番のメリットはコロナ禍でも式をあきらめなくていい、という点。

もしかして妥協は必要かも知れません。思ったような挙式にはならないかも知れません。

であっても、まずは人生の一大イベントである結婚式がいつできるのか、ほんとにできるのか、先が見えないままもやもやするくらいなら、オンラインでもみんなに祝福してもらって感謝を伝えて、そして前に進めたらそっちの方がいいんじゃないかなって気もします。

「費用が安い」は新郎新婦側も参列者側も当てはまりますね。

「ムリなく」は時間的・体力的な制約が少ないということでもあります。移動の時間から解放されますし、自宅にいながら参列できたら体力的にも負担が小さくて済みます。

また、小さなお子さんがいるような環境であっても誰に預かってもらうか頭を悩ますこともありません。

合理的です。

オンライン結婚式デメリットまとめ

  • 単純に淋しい
  • 参列者一人一人と直接話ができない
  • 参列者同士で出会いの場がなくなる
  • 同じ会場にいないため一体感が生まれにくい
  • 結婚式に参列している意識が希薄になりやすく祝福の気持ちが削がれる

こちらは「出会いの場」以外はほとんど気持ちの問題。

ただ、「そこ大事」っていうことが結構あるんですよね。

まず、リアルで目の前に招待客がいないって単純に淋しいですよね。

中には何年ぶりかに会う親族や友人もいるかもしれないのに握手もハイタッチもできない。

それに私の想像も入ってますが、画面を通してだと温度差が生じやすいんじゃないかと思います。

自宅にいたら周りが気になったり、誰かが訪ねて来たりなんてことも十分に考えられるわけですから、それもしょうがないことですがやっぱり悲しい(T_T)

また「出会いの場」だって大事!友人の結婚式で出会った人と結婚したって方、周りにいませんか?

その大切な「出会いの場」がなくなってしまうとますます少子化が進んでしまうんじゃないかと。

考えすぎですか?

 

まとめ

今回はオンライン結婚式の評判や口コミ、メリット・デメリットについて見てきました。

内容をもう一度振り返ると

  • オンライン結婚式は費用が安い
  • 招待される側も自宅にいながら参列できるので色んな面で負担が少ない
  • オンライン結婚式は合理的
  • 一方でお互いに直接会えないので淋しいかも
  • 参列者同士の出会いもなくなりそう
  • 自宅にいるので新郎新婦とは温度差が生じてしまいそう

などなど。

新しい形が見えてくると結婚式をする意味を考えてしまいますね。

実は私も結婚式については合理的にしたい派で、もうずいぶん昔に執り行われた自身の結婚式は両親のみの参列で披露宴もしていません。

簡単なパーティでお披露目だけさせてもらいました。

当時の私は「披露宴てまるで新婦がパンダみたいな感じよね」なんて生意気なことを思っていて「恥ずかしいからああいうのはちょっと」で通してしまいました。

それに関しては今でも後悔はしていないのですが「いっそ披露宴しちゃえば一日で済むよ」とか「招待客も披露宴の方がわかりやすいんじゃない?」という声も確かにありました。

今はそれとはまったく状況が異なりますが、合理的な方がいいっていうようなツイートを見るとわかるなぁと思いますね。

ただオンラインばかりになってしまったらやっぱり淋しいなって思うのは私が年をとったせいなんでしょうか(笑)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。