【ラグビーワールドカップ大阪】花園ラグビー場のアクセス方法まとめ!近隣の駅や空港からの乗り換えも調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ラグビー場を遠くから撮影した写真

さて今回は高校ラグビーの聖地・花園ラグビー場です!

花園ラグビー場は日本初のラグビー専用グラウンドとしても知られています。

ラグビーワールドカップ2019の1年前に当たる2018年9月に改修工事を終え、今はまるで本番が始まるのを静かに待っているよう。

そんなラグビーワールドカップ大阪・花園ラグビー場について

  • 交通手段ごとのアクセス方法まとめ
  • 近隣の駅や空港から電車やバスを利用した乗り換え方法

をお伝えします。

花園ラグビー場のアクセス方法まとめ

まずは花園ラグビー場の簡単な概要です。

  • 名称:東大阪市花園ラグビー場
  • 所在地:大阪府東大阪市松原南1-1-1
  • 収容人数:26544人
  • 開場:1929年
  • イベント実績:1963年~全国高等学校ラグビー大会開催/1971年日本代表対イングランド代表/2013年日本代表対ウエールズ代表 など

冒頭でも述べた通り日本で一番最初に開場したラグビー専用競技場。

イベント実績も申し分ないだろうと割愛しましたが1981年には甲斐バンドがライブ会場として使用したこともあります。

あとお気づきの方もいらっしゃると思いますが名称も変更になりました。以前は近畿日本鉄道が所有していたため『近鉄花園ラグビー場』の名称で長らく親しまれてきましたが現在は東大阪市の所有となっています。

2018年の改修で大型ビジョンやナイター照明が設置されたほか、ラグビー史が学べるミュージアムや選手たちのためのロッカールームやシャワールームも大幅に拡張、観客席に目を向けるとベンチシートが背もたれ付きの個別シートに変わったりと全てがワールドカップ仕様。

もちろんピッチ内もゴールポストがワールドカップ基準の17mに改められて(以前は13m)いたり、もっと言うとメインスタンドにはVIP席まであります。

ユーミンの名曲『ノーサイド』も生まれたといわれるこの競技場、一度は行ってみたいところですね。

花園ラグビー場へのアクセス方法は公共交通機関で!

ラグビーワールドカップの公式サイトを見ても大会開催中のアクセスについて何ら詳しいことは書かれていません。

ということであちこち調べてみることに。

すると2019年8月3日花園ラグビー場で開催されたリポビタンDチャレンジカップのトンガ戦の際、自家用車での来場・会場周辺までの送迎ともに不可というような記述がありました。(まぁそうですよね^^;)

今後新しく情報がありましたら追記するとして、今のところは電車・バス・飛行機といった公共交通機関を利用するしかないようです。

ということでアクセス方法としては

  • 新大阪駅からJRや地下鉄を利用
  • 京都駅から私鉄や高速バスを利用
  • 伊丹空港からバスや私鉄を利用
  • 関西国際空港からバスやJR・私鉄を利用

といった方法が良さそうです。

 

花園ラグビー場の近隣の駅や空港からの乗り換え方法をそれぞれご紹介

前章で交通機関を利用して

  • 新大阪駅
  • 京都駅
  • 伊丹空港
  • 関西国際空港

の4地点を起点として花園ラグビー場へ行く方法が良いと申しましたが、ここでは乗り換えをできる限りわかりやすくお伝えいたします。(特に私が乗り換え苦手なので)

※電車・バス等の所要時間は時間帯などによって変わることもありますので目安としてご覧ください。

※乗り換えの時間は含みません。

その1.新大阪駅からJRや地下鉄を利用する方法

皆さんご存知の通り新大阪駅といえば新幹線だけでも2路線乗り入れており、在来線も数多く迷いやすい駅と言えるでしょう。

そんな新大阪駅から花園ラグビー場へ行くには4通りの方法があります。

a)新大阪駅→JRおおさか東線(20分)→高井田中央駅→地下鉄中央線近鉄けいはんな線(6分)→吉田駅→徒歩(16分)→花園ラグビー場

b)新大阪駅→地下鉄御堂筋線(11分)→本町駅→地下鉄中央線近鉄けいはんな線(18分)→吉田駅→徒歩(16分)→花園ラグビー場

c)新大阪駅→JRおおさか東線(23分)→河内永和駅→近鉄奈良線(10分)→東花園駅→徒歩(8分)→花園ラグビー場

d)新大阪駅→地下鉄御堂筋線(16分)→なんば駅→近鉄奈良線(23分)→東花園駅→徒歩(8分)→花園ラグビー場

こうやって文字にするとあっという間なんですが実際は乗り換えって大変。しかも慣れない駅ならなおさら!って感じたので少しでもお役に立てないかとあれこれ考えましたが参考になるかも、と路線図と乗り換え案内・新大阪駅構内図をお借りすることにしました。

【路線図】
大阪とその周辺の路線図
※引用元:https://transit.yahoo.co.jp/route_map/top?mapid=osaka&zoom=13&lat=34.70176249528857&lon=135.54067471819982
【乗り換え案内】
2019年9月22日14:15~のイタリア対ナミビア戦を想定してみました。

2019年9月22日12:00に大阪の吉田駅に到着を想定して乗換案内を試用したスクショ

2019年9月22日12:00大阪の吉田駅に到着する想定で乗換案内を試用、最初に出たルートのスクショ

2019年9月22日12:00大阪の吉田駅に到着する想定で乗換案内を試用、2番目に出たルートのスクショ

2019年9月22日12:00大阪の吉田駅に到着する想定で乗換案内を試用、3番目に出たルートのスクショ

※引用元:https://transit.yahoo.co.jp/search/result?flatlon=&fromgid=&from=%E6%96%B0%E5%A4%A7%E9%98%AA%E9%A7%85&tlatlon=%2C%2C26234&togid=&to=%E5%90%89%E7%94%B0%28%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%BA%9C%29&viacode=&via=&viacode=&via=&viacode=&via=&y=2019&m=09&d=22&hh=12&m2=0&m1=0&type=4&ticket=ic&expkind=1&ws=3&s=0&al=1&shin=1&ex=1&hb=1&lb=1&sr=1&kw=%E5%90%89%E7%94%B0%28%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%BA%9C%29
もしもの時には乗換案内を!
【新大阪駅構内図】
構内図はこれが一番分かりやすいかな、と思ったのでこちらに貼っておきますね。
こんな感じです。

新大阪駅構内図3・4階部分

新大阪駅構内図1・2階部分

※引用元:http://osakadesign.com/shinosaka/konai/
他にも役立つ情報がいっぱいだったので困った時にはぜひ覗いてみてくださいね。

その2.京都駅から私鉄やバスを利用する方法

私が住んでいる新潟県はちょーっと広いので例えば我が家から県外に出ようとしたら北でも西でも3時間はかかってしまいます。けど都会では交通網が発達していることもあって結構近い!

京都駅から花園ラグビー場へ行くにしても私から見たら「すぐ!」の距離。これはうらやましいところ。

京都駅から花園ラグビー場へ行くには2通りの方法があります。

a)京都駅→近鉄京都線(30分)→大和西大寺駅→近鉄奈良線(26分)→東花園駅→徒歩(8分)→花園ラグビー場

b)京都駅→高速バス(65分)→東大阪布施駅→近鉄奈良線(10~15分)→東花園駅→徒歩(8分)→花園ラグビー場

高速バスでも1時間ちょっとなら寝る暇もないくらいですね(笑)。ちなみにバス料金は1000円です。

バスは京都駅八条口から出ており、本数は1~2時間に1本程度なので予約の前に確認することをおすすめします。

時刻表はこちらです

その3.伊丹空港からバスや私鉄を利用する方法

伊丹空港から花園ラグビー場へ行くには方法は1つです

伊丹空港→空港バス(35分)→大阪上本町駅→近鉄奈良線(20分)→東花園駅→徒歩(8分)→花園ラグビー場

空港バスは伊丹空港到着口右手側の12番乗り場が上本町駅行きです。

伊丹空港からでも乗り換えが少な目で移動が比較的楽そう。遠方からだったらこのコースはいいですね。

その4.関西国際空港からバスやJR・私鉄を利用する方法

大阪の空の玄関口・関空からは4通りの方法があります。

a)関西国際空港→空港バス(54分)→大阪上本町駅→近鉄奈良線(20分)→東花園駅→徒歩(8分)→花園ラグビー場

b)関西国際空港→空港バス(70分)→布施駅→近鉄奈良線(10~15分)→東花園駅→徒歩(8分)→花園ラグビー場

c)関西国際空港→JR関西空港・阪和線(34分・特急利用時)→天王寺駅→JR大阪環状線(5分)→鶴橋駅→近鉄奈良線(13分)→東花園駅→徒歩(8分)→花園ラグビー場

d)関西国際空港→南海空港線南海本線(45分)→南海難波駅/近鉄大阪難波駅→近鉄奈良線(23分)→東花園駅→徒歩(8分)→花園ラグビー場

関空からも乗り換えがやや複雑な感じがありますので路線図や乗換案内をご用意しました。

【路線図】

関西国際空港からの乗り換えを表した路線図

※引用元:https://www.kansai-airport.or.jp/access/train
【乗換案内】
こちらでも2019年9月22日(日)14:15~イタリア対ナミビア戦の観戦を想定して検索してみました。

2019年9月22日12:00大阪の東花園駅に到着する想定で乗換案内を試用したスクショ

2019年9月22日12:00大阪の東花園駅に到着する想定で乗換案内を試用、最初に出たルートのスクショ

2019年9月22日12:00大阪の東花園駅に到着する想定で乗換案内を試用、2番目に出たルートのスクショ

2019年9月22日12:00大阪の東花園駅に到着する想定で乗換案内を試用、3番目に出たルートのスクショ

※引用元:https://transit.yahoo.co.jp/search/result?flatlon=&fromgid=&from=%E9%96%A2%E8%A5%BF%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E7%A9%BA%E6%B8%AF&tlatlon=&togid=&to=%E6%9D%B1%E8%8A%B1%E5%9C%92%E9%A7%85&viacode=&via=&viacode=&via=&viacode=&via=&y=2019&m=09&d=22&hh=12&m2=0&m1=0&type=4&ticket=ic&expkind=1&ws=3&s=0&al=1&shin=1&ex=1&hb=1&lb=1&sr=1&kw=%E6%9D%B1%E8%8A%B1%E5%9C%92%E9%A7%85
困ったときに乗換案内をご利用ください。
【フロア案内図】
1F国際線到着フロア

関西国際空港1F国際線到着フロアの空港バス乗り場を示したスクショ

※引用元:https://www.kansai-airport.or.jp/access/bus

関西国際空港第1ターミナルビル2Fの関西空港駅を示したスクショ

乗り換えがやや複雑な路線もありますが少しでもお役に立てたら幸いです。

 

まとめ

今回はラグビーワールドカップ大阪の花園ラグビー場へのアクセス方法や各駅・空港からの乗り換えについて調べました。

本文をまとめると

  • ラグビーワールドカップ大阪の試合会場である花園ラグビー場は日本で最初にできたラグビー専用グラウンド
  • 2018年の改修でワールドカップ仕様に
  • 大会期間中は車での来場は不可(おそらく)
  • 車での送迎やタクシーの利用も周辺では不可
  • 公共交通機関が唯一の手段
  • 花園ラグビー場へのアクセス方法として
    • 新大阪駅からJRや地下鉄を利用
    • 京都駅から私鉄や高速バスを利用
    • 伊丹空港からバスや私鉄を利用
    • 関西国際空港からバスやJR・私鉄を利用 をご紹介
  • 乗り換えについては本文をご覧ください

などです。

実は私事ですが秋が相当ニガテ。

というのも夏の解放感やにぎやかさみたいなものがなくなって、秋は日に日に日が短くなっていく感じとか生命力なんかが失われていく感じがどうも…。

今年はラグビーワールドカップがあって救われてます。ただ気づいたら冬っていうのも悲しい(._.)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。