成人年齢引き下げのメリットとデメリットをわかりやすく解説!成人式は何歳にやるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この度、成人年齢引き下げの民法改正案が成立しましたね。
2022年4月からは18歳が成人年齢となります。

成人年齢が20歳と定められたのは1876年、明治9年だそうです。

長い間20歳から『大人』としてきたわけですから当たり前と思ってきたことも当たり前ではなくなります。

それによるメリットやデメリットもありそうで気になりますね。

大人である私たちも今から心の準備をするためにも知っておきたいことがたくさんあります。

この記事でお伝えすること
  • 成人年齢引き下げのメリットとデメリット
  • 成人式のこと

 

成人年齢引き下げのメリット・デメリットは?

一足先に投票権が18歳以上に与えられましたね。

ちょうどその時、投票所の立会人を勤めさせてもらったのですが
明らかに10代らしき若い方が投票する姿はとても微笑ましかったです。

できるだけ若いうちから社会の仕組みに興味を持って、何らかの形で参加するのはいいことですね。

ここで現在の未成年者がいつ成人を向えるのか押さえておきましょう。

生年月日 民法上の成人年齢 成人になる日
2002年4月1日以前 20歳 それぞれの誕生日
2002年4月2日~2003年4月1日 19歳 2022年4月1日
2003年4月2日~2004年4月1日 18歳 2022年4月1日
2004年4月2日以降 18歳 それぞれの誕生日

つまり2002年4月2日生まれ~2004年4月1日生まれ、学年で言うと丸々2学年に当たる方々が2022年4月1日に一斉に成人になるということ。

ここは注意が必要です!

2022年4月1日~成人になったらできること

20歳が成人年齢の現在と18歳が成人年齢になる2022年4月からは何が変わるのか一覧にしました。

2022年4月~変わること(できるようになること) これまでと変わらないこと(できないこと)
  • 10年パスポートの取得
  • 医師・公認会計士・行政書士などの資格取得
  • 外国人の帰化
  • 結婚年齢の変更(男女とも18歳)
  • 性別変更請求(性同一性障害の方)
  • 民事裁判の原告・被告(法定代理人なし)
  • 飲酒・喫煙
  • 公営競技(競馬や競輪等)の投票券購入
  • 大型・中型運転免許の取得
  • 養子を迎える
  • 国民年金保険料の納付
親権者の同意なしで契約ができること

  • クレジットカードが作れる
  • ローンが組める
  • 携帯電話の契約
  • 賃貸契約が結べる
  • 正社員の雇用契約

 

では成人年齢引き下げのメリットとは?

先ほどの表をご覧になってどれがメリットだと思われましたか?

私はできるようになることが全部メリットととらえました。

成人年齢引き下げのメリット
  • 親権者の同意なしでクレジットカードやローンの契約ができる
  • 10年パスポート取得
  • 医師、公認会計士、行政書士などの資格取得
  • 外国人の帰化
  • 性別変更請求(性同一性障害の方)

ただこの中には

『本当にメリット?』

と眉をひそめる方もいらっしゃるでしょう。

メリットとデメリットは紙一重です!使い方を間違えたら大変なことになりますね。

そこで政府でもそれらの課題について環境整備を進めるため連絡会議を設置しています。

テーマは

  1. 消費者教育・消費者保護
  2. 与信(信用を供与すること)審査
  3. 自立支援
  4. 周知活動
  5. 成人式の時期やあり方

です。

少し話が逸れましたが、自由度が高まったという点ではメリットと言えるでしょう。
権利と責任は伴わなければいけませんから

自由度が高まる=責任が重くなる

のは当然といえば当然ですね。
 

逆にデメリットはどうなる?

メリットとして自由にクレジットカードやローンの契約ができる、と書きましたがそれに関連して
現在は保護者が未成年者取消権を行使すれば契約を白紙に戻せますが
未成年者ではなくなる2022年4月からはそれもできなくなります。

成人年齢引き下げのデメリット

民法で定められている「未成年者取消権」が行使できなくなる

前述の通り、メリットだって裏を返せばデメリットと言えなくもありません。メリットにするかどうかは使い方次第と言えます。

ただ若いっていうことは経験が浅いということですから、できるなら親御さんや信頼できる大人の方に相談できる環境があるのがベターですね。最後の決断は本人に任せることになると思いますが。

やはり教育が重要になってきそうですね。

高校生になったからと慌てて教育するのではなくもっと前から少しずつ様々な形で教育していくことが必要だと思っています。

例えば

  • クレジットカードの上手な使い方(これからキャッシュレスの時代なのに今さら感ありますが)
  • ローンを組む際の注意点

などなど。

 

ここまでで選択肢が増えるという点でメリットが多いですね。

成人になるメリットは多いんです。

尚、馬券などの購入や国民年金保険料の納付は今と変わらず20歳からです。

これも考えようによってはデメリットになるのかも。

 

成人式を何歳にやるのかも気になる

私が1番気になったのはこれです!

調べてみたところ、成人式の時期などには特に決まりはない様子。

そこで『もし18歳で成人式をしたら』シミュレーションしてみました。

1.現在と同様に1月の成人式

18歳(高校3年生)の1月と言えば受験間近、または真っ盛りです。

成人式どころではなくなり参加者の減少が懸念されますね。

一部では『荒れる成人式』が少なくなるんじゃないか、という見方も。

卒業式が控えてますからね。

2.前倒しで夏休み期間中の成人式

成人式の実施は各市町村などが主体となっていますので、現在でも実施の時期は様々です。

地域によっては5月や8月というところも珍しくありません。

ただ、この案は呉服業界から反対の声が上がっています。

高校3年生の8月となればおそらく着物を着る人はごくわずか。

制服での参加が多くなり、商機を逃してしまうという理由です。

着物離れが進んでいる昨今、呉服屋さんにとっては切実ですね。

3.根本的な問題!18歳が成人式をするとしたら

初年度は18・19・20歳が参加しますよね。

単純計算でいつもの年の3倍の参加者が集まるわけです。

これは混乱しそうですね。

例えば18歳の成人式、19歳の成人式…と日程を分けて実施することもできるかもしれませんが、これはこれで混乱のもとになりそうな。

と、考えていくと18歳での成人式は難しそうです。

 

まとめ

成人年齢引き下げの民法改正案について調べてみたら
私的には『悪くないな』

という結論に至りました。

確かにクレジットカードやローンなどの契約は慎重であるべきですが

医師や公認会計士、行政書士などの資格が取得できるようになったら学習意欲が高まるかも知れません。

若いうちから社会や政治に興味を持ったら、より魅力的な政治家が育つかも知れません。

ただ、今よりもいっそう教育が重要になりそうですね。

高校を卒業する前に大人になるんですから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。