サッカー天皇杯2019(99回)のチケット入手方法は?前売りと当日券の値段や先行販売も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サッカー天皇杯2019(99回)が5月25日(土)から始まります!

2018年の大会は日程がなかなか決まらなかったり変更があったりして、せっかくチケットを買ったのに行けなくなったって方も多かったのではないかと思います。

2019年は今のところ日程の変更の予定もなくこのまま開催されそうな感じですよね。(あくまでも感じです)

そこで今回はサッカー天皇杯2019(99回)の

  • チケット入手方法
  • 前売りと当日券の値段
  • チケットの先行販売について

お伝えいたします。(追記あり)

サッカー天皇杯2019(99回)の日程や優勝候補を予想しています。良かったらご一読ください。
サッカー天皇杯2019(99回)の日程と出場チームと組み合わせ一覧まとめ!優勝候補を歴代からも予想!

サッカー天皇杯2019(99回)のチケット入手方法は?

第99回となるサッカー天皇杯2019のチケット情報は今のところまだ出ていません。

わかり次第追記するとして、参考までに過去の大会の試合日程とチケット販売日を一覧にしました。

開催年 ラウンド 開催日 チケット販売日 先行販売
2016年(96回) 1回戦 8/27~8/28 8/6~
2回戦 9/3~9/7 8/6~
3回戦 9/22 8/6~
4回戦 11/9~11/12 10/29~
準々決勝 12/24 12/10~
準決勝 12/29 12/10~
決勝 2017/1/1 12/10~ 有 12/3~12/15
2017年(97回) 1回戦 4/22~4/23 4/1~
2回戦 6/21 5/27~
3回戦 7/12 7/1~
4回戦 9/20 8/26~
準々決勝 10/25 10/14~
準決勝 12/23 12/2~
決勝 2018/1/1 12/2~ 有 11/25~11/28
2018年(98回) 1回戦 5/26~5/27 5/5~
2回戦 6/6 5/5~
3回戦 7/11~8/22 6/30~
4回戦 8/22~9/26 8/4~
準々決勝 10/24~11/21 10/6~
準決勝 12/5 11/24~
決勝 12/9 11/24~ 有 11/17~11/20
2019年(99回) 1回戦 5/25~5/26 5/4
2回戦 7/3 6/1
3回戦 8/14 7/27
4回戦 9/18 8/31~
準々決勝 10/23 10/5 10:00~
準決勝 12/21 12/7 10:00~
決勝 2020/1/1 12/14 10:00~ 有11/13 11:00~11/19 23:59

※スクロールすることで全部見られます。

その年によって1回戦~3回戦までのチケットを同日に販売したり、準々決勝・準決勝や決勝のチケットを同日に販売したりと法則のようなものは見当たりませんが、おおむね試合当日の2~3週間前くらいから販売することが多いようです。

また、表からわかる通り先行販売は一般販売の1週間前から始まっていますね。(※2020年1月1日のチケットの選考販売はもっと早いですね)

試合日程は5月から始まるというところが2018年と近いなって思っておりまして、個人的には2018年前回大会のチケット販売日が参考になりそうな気がしてます。

つまり1回戦については昨年同様、5月5日辺りから販売開始となりそうな予感。

【4月29日追記】
上記の表にもしれっと記入しておきましたが1回戦と2回戦のチケット発売日が発表されています。

  • 1回戦は5月4日(土・祝)10:00~
  • 2回戦は6月1日(土)10:00~  です。

1回戦はもうすぐですね。お忘れなく!
【7月3日追記】
3回戦のチケット販売開始日時は7月27日(土)10:00~ です。
ラウンド16以降のチケット販売日は3回戦終了後に発表される予定です。
【追記】
遅くなりましたがラウンド16のチケットは8月31日(土)から販売されています!

あともうひとつ知っておきたいのがチケットの販売場所。おそらく今回も

  • チケットJFA
  • Jリーグチケット
  • チケットぴあ
  • ローソンチケット
  • CNプレイガイド
  • イープラス

になると思います。

では具体的にチケットの入手方法をお伝えいたしますね。

今回は上記のチケット販売所の中から特にサッカー関連ならおまかせ!のチケットJFAでの入手方法です。

チケットJFAでサッカー天皇杯2019(99回)のチケットを入手する!

チケット購入完了までの流れはこちらです。

  1. 会員登録
  2. チケット購入
  3. 代金支払い
  4. チケット引き取り

1.会員登録

こちらから会員登録ができます。

↑この画面で氏名・性別・生年月日等の情報を入力し『下記の規約に同意しました』にチェックを入れて『下記の利用規約に同意して確認画面へ』をクリック

※ここで決めたIDとパスワードは本登録の時に必要となりますので控えておくと良いと思います。

登録内容の確認⇒画像認証入力(表示されている数字やアルファベットを入力)⇒『本サービスの会員規約に同意して登録』をクリック

仮登録完了⇒記載したメールアドレスに仮登録受付メール送信⇒メール内のURLにアクセス

本登録ログイン⇒登録時に決めたIDとパスワードを入力して『登録する』をクリック

本登録完了!

2.チケット購入

チケットJFA公式サイトへ⇒『チケットJFAでチケットを購入する』をクリック

希望の公演を選択

座席図や料金を確認して『チケットを購入する』へ

『チケット発売情報』から選択⇒『詳細へ』

注意事項や決済方法などを確認し『公演一覧』から希望の席種と枚数を選択⇒購入手続きへ

3.代金の支払い

支払い方法は公演によっても違いますが以下の選択肢があります。

  • クレジットカード
  • セブンイレブン(216円/1件の決済手数料)
  • ファミリーマート(216円/1件の決済手数料)
  • ぴあのお店でお支払い(216円/1件の決済手数料)
  • イーコンテクト(コンビニ/Pay-easy対応ATM/ネットバンキング/楽天Edy)(216円/1件のイーコンテクト手数料)
  • 電子マネーちょコム(185円/1件の手数料)

ご購入前に確認しておきましょう。

4.チケット引き取り

チケットの引き取り方法は以下から選べます。

  • セブンイレブン(24時間発券可能)
  • ファミリーマート(Famiポート設置店舗で毎週火・木1:30~5:30を除く24時間発券可能)
  • ぴあのお店(店舗により営業時間は異なります)店舗検索はこちら
  • 配送(ゆうメール簡易書留扱い・756円/1件の手数料)

また、チケットJFAには定価リセールサービスがあります。

チケットを購入したものの、どうしても行けなくなってしまった時に一定の条件をクリアすれば希望する第三者にチケットを定価で譲ることができます。

詳しくはこちらで確認できますが、肝心の条件を記載しておきます。

  1. 購入の際、決済方法がクレジットカードかちょコムを選択
  2. 購入の際、引き取り方法を店頭引き取りとしてまだ発券していない
  3. リセールサービス対象の公演のチケットであること(ただし購入の際リセール対象であっても後日対象外となることもあります)

とハードル高め。正直、私の印象ではこれらの条件をすべてクリアするのは厳しい……

 

サッカー天皇杯2019(99回)前売りと当日券の値段の違いは?

過去のサッカー天皇杯のチケットの販売状況を見てみると前売りで完売していることもけっこう多いです。

ただ、当日券も絶望的かというと必ずしもそうではなく、1回戦~3回戦くらいまたはカードによっては当日券も期待できそうです。

……浦和といえどあるんですね。こちらは試合会場での当日券販売です。

横浜同士の対戦であるこのカードでは当日券はオンラインのみの販売ですね。

と、このように当日券も試合会場での販売とオンラインでの販売があるようです。

そこで前回2018年・第98回大会の前売り券と当日券の値段をそれぞれ調べてみました。

 
券種
          指定席         自由席
  SS    S   SA   SB   一般  高校生  小中学生
1回戦
前売り 2000円 1500円 1000円 800円 500円
当日 2500円 2000円 1500円 1000円 800円
2回戦
前売り 3600円 2600円 2100円 1600円 1100円 900円
当日 4100円 3100円 2600円 2100円 1600円 1100円
3回戦
前売り 4600円 3600円 2600円 1600円 1100円 900円
当日 5600円 4600円 3600円 2100円 1600円 1100円
4回戦(ラウンド16)
前売り 4600円 3600円 2600円 1600円 1100円 900円
当日 5600円 4600円 3600円 2100円 1600円 1100円
準々決勝
前売り 5200円 4200円 3200円 2100円 1600円 1100円
当日 6200円 5200円 4200円 2600円 2100円 1600円
準決勝
前売り 5200円 4200円 3200円 2100円 1600円 1100円
当日 6200円 5200円 4200円 2600円 2100円 1600円
決勝
前売り 6500円 5500円 4200円 3600円 3100円 2100円 1100円
当日 7500円 6500円 5200円 4100円 3600円 2600円 1600円

※スクロールすることで全部見られます。

※先行販売は含めていません。

この表を見る限り、指定席の方が前売り券と当日券の値段の差が大きいですね。前売りがより安いのか、当日券がより高いのか…。

ともあれ、都合がつくならやっぱり前売り券を入手しておきたいところです。

ただ「せっかく苦労してチケットを入手したのにどうしても行けなくなった」とか「頑張ってはみたけどチケットが入手できなかった」なんて時にはとっておきの方法があります!

 

サッカー天皇杯2019(99回)のチケットを購入するのにチケストおすすめな理由

チケストは日本最大級の公演チケット売買仲介サイトです。

出品は無料、売り手側の手数料は0円!(ただし売り手側の都合によるキャンセルには手数料がかかりますのでご注意ください)

→ さっそくチケストでチケットを出品・購入してみる!

チケストのおすすめポイントは

  • 支払ったチケット代金はチケットが届くまでチケストの事務局で預かってくれる
  • 出品者の身元は銀行口座・SMS認証・指定された身分証確認の3段階でしっかり確認
  • 出品されたチケットは常時チケストでチェック(不適切なチケットは掲載取消等の処置)

だから安心なんです。

その上、せっかくチケットを購入したのにトラブルで公演が十分に楽しめなかった、などということがないように次の保証も付帯しています。

  • 荷物の追跡ができる配送保証
  • 真正のチケットであることを保証する本物保証
  • チケットに記載されている座席・名義・チケット種別が一致していることを保証する座席内容保証

まだあります!

チケスト独自のオプションである『安心プラス』(要手数料:商品価格の10~30%または1000円)を付けると

  • 入場保証(主催者側の都合で入場できなかった場合の代金相当額の返金)
  • 発送仲介(注文日またはチケット発送予定日から公演日まで14日以上あれば買い手側の個人情報を公開することなくチケット発送が可能)
  • 公演中止保証(主催者側等から公演の全面的な中止が発表された場合に商品代金相当額の返金)

ここまで保証があると漏れの心配もないですね。むしろ何で使わないのか疑問に感じてしまいます(笑)。

→ さっそくチケストでチケットを出品・購入してみる!

 

サッカー天皇杯2019(99回)のチケット先行販売について!

上記の表の通り、サッカー天皇杯のチケット先行販売は決勝戦限定です。

チケットJFAのみの販売で、またここ数年は前売りのみの販売で当日券はありません。

特に今回の第99回天皇杯は初めての新国立競技場での開催ですから先行販売にも何かあるんじゃないかと期待が膨らみますね!

過去の大会の先行販売を一覧にしました。

 開催年  開催日    会場     券種   値段  先行販売日程
2014(94回)
2014/12/13
日産スタジアム
特別席 20000円
2014/11/1~11/5
ヴィクトリーシート 9000円
2016(96回)
2017/1/1
市立吹田サッカースタジアム
エキサイティングシート 15000円
2016/12/3~12/7
コンフォートシート 8000円
ラウンジ付きシート 6000円
2017(97回)
2018/1/1
埼玉スタジアム2002
プレミアムシート 20000円
2017/11/25~11/28
スペシャルシート 10000円
テーブル付シート 6000円
2018(98回)
2018/12/9
埼玉スタジアム2002
プレミアムシート 20000円
2018/11/17~11/20
スペシャルシート 10000円
テーブル付シート 6000円

※スクロールすることで全部見られます。

※2015年は情報なし

この表を見ると会場によって少し席や値段が違うようですね。それに販売を開始する日も違ってます。

販売日程については、前回の第98回大会は試合日程が変更になったりしたのでチケットの先行販売も少し遅めですが、それを除けばだいたい開催日の1ヶ月ほど前に販売しているという印象ですね。

今回の第99回大会も決勝戦が2020年1月1日開催ですから2019年11月下旬くらいから先行販売が始まりそうな気がしています!

どんな席種なのかも含めてわかり次第追記いたしますね。

 

まとめ

今回はサッカー天皇杯2019(99回)についてあれこれ調べました。

わかったことは

  • チケット情報はもう少し先になりそう
  • 過去大会でチケット販売時期に法則のようなものはないが、おおむね試合開催日の2~3週間前くらいからチケット販売が開始
  • チケット販売所のひとつ、チケットJFAでは一定の条件を満たせばチケットをリセールできるもののハードルは高め
  • チケットをリセールできない時は(できる時も)無料で出品できて売り手側に手数料がかからないチケットストリートを活用するのがオススメ
  • チケットの前売りと当日券の値段差は200円から1000円で指定席の方が差が大きい傾向
  • チケットの先行販売は試合会場によって席種も値段も違っていて今大会・第99回は初めての新国立競技場開催なので今までにはない席種が用意される可能性もあり

などなど。楽しみですね!

→ さっそくチケストでチケットを出品・購入してみる!

さて、第99回のサッカー天皇杯2019は一体どんなカードでどこが勝ち上がり優勝するんでしょうね!

そして個人的にもうひとつ。

私の地元チーム・アルビレックスはどこまで踏ん張れるんでしょう!今回は期待しています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。